高田エミ【ねこ・ねこ・幻想曲】3巻・あらすじ・感想

ねこ・ねこ・幻想曲3巻高田エミ
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

ねこ・ねこ・幻想曲(ねこ・ねこ・ファンタジア)3巻

りぼんで1987年1月号から5月号で掲載

あらすじ

段ボールの箱に入れられ、川に捨てられたシロは、心優しい里子に拾われた。
里子が大の猫嫌いのパパを説得してくれたので、今では立派な樹村家の一員になったシロ。

里子は大好きな香川先輩の誕生日にプレゼントとしてひざ掛けを手作りしたが、
香川先輩に好きな人がいると知り、プレゼントを渡すことをあきらめてしまった。
そんな里子の代わりにプレゼントを渡そうと、人間に変身して、
香川先輩の家に忍び込んだシロだったが…

主な登場人物

シロ

樹村家の飼い猫。黒猫だけど「シロ」という名前。
みかん箱に入れられて川に流されていたのを、里子に助けてもらう。
お月様に頼んで人間の女の子の姿に変身できる。
人間の時は「猫野白(ねこの しろ)」という名前だと勘違いされている。

樹村 里子(きむら さとこ)

緑ヶ丘高等学校2年5組。3年の香川先輩のことが好き。

樹村 正人(きむら まさと)

樹村家のパパ。緑ヶ丘高校の生物教師。猫が嫌い。猫アレルギーでじんましんが出る。
しかしシロからは、マイダーリンのパパと呼ばれるほど好かれている。

樹村 冴子(きむら さえこ)

樹村家のママ。お料理上手。

香川貴広(かがわ たかひろ)先輩

緑ヶ丘高校3年8組。頭脳明晰、明るい性格。バスケット部副キャプテンで生徒会風紀委員長。

ネタバレ・感想

ねこ・ねこ。幻想曲3巻は電子書籍で試し読みができます。お先にどうぞ!

ねこ・ねこ・幻想曲3巻の試し読みはコチラ!

 

電子書籍のススメ!

くまリオが電子書籍をおススメする理由

 

 

ここから、ネタバレ・感想になります。ご注意下さい。

 

●初恋物語の巻

香川先輩へのプレゼントを破ってしまいますが、里子の気持ちを知っているシロが、
一生懸命、里子のために頑張る回となっています。
そして、そんなシロやママから勇気をもらい、里子も想いを伝えるべく頑張ります。

 

「じぶんの気持ち大切にしてよぉぉー」と涙ながらに訴えるシロにぎゅっと心を掴まれる。

あと、ママがとっても優しい。
子供の恋愛になかなかアドバイスとか、首を突っ込むのは難しいと思うんですけど、
言うべきことを、きちんと伝え、娘を前に向かせる姿が素敵です。

「ねえ里子 人を好きになるってことはとてもステキなことだと思うわ」

「そのプレゼントをわたすもわたさないもあなたの自由だけど」

「でも けしてこうかいすることのないようにね」

「17歳のあなたの想いは いま一度きりのものなのよ」

 

17歳…わたしは何を想っていただろうか…(笑)

この回で、猫の大群が描かれてますが、きっと大変だっただろうなぁと思います。
いや、後々の巻もけっこう大変そうなコマはわんさか出てきますが(笑)

あと気になるのは自転車の2人乗りのシーン。
めっちゃ憧れたな…いや、同性とならしてことはあるんですがw
こんな世の中だから…2人乗りはダメだぞ!と一応、言っておきますね(笑)

保健所に連れられた仲間の猫たち。そして火事への展開。
どうなるシロ?みんなを助けられるか?そして里子の初恋は…?

ハラハラドキドキする回であり、初恋っていいよねー!となる回です。

スポンサーリンク

 

●ルナの巻

「きみが…月の降る夜に生まれた子猫?」

サスケの言葉をきっかけに、シロが自分の力やお母さんについて知る回となっています。

サスケも前の回でちょろっと出ただけかと思いきや、
後々にメインキャストになっていきますからね。

「でもさやっぱり 人間に変身できるなんてただごとじゃないよ きみなんだろ?」

と言われ、「みんな 変身できるんじゃないの?」と驚くシロ。

今か、今気づくのか…(笑)

 

「今夜はおまえにすべてを話そう」とシロのお母さんのルナについて語りだすボス。

ルナについて、ボスが語る回想ですが、
ノラ猫って、大変なんだろうなというのがひしひしと伝わってきました。
ルナは、元は飼い猫だったので、人間との暮らし、幸せや温かさを知ってる分、
ノラ猫として生きていくのは、より過酷だったと思います。
ましてや身重ですからね…。
ボスが、色々と手助けしてくれる描写があったので、
これを小学校で読んだ頃は、ボスってルナが好きなのかなぁ…と思ってた時期がありました(笑)

 

ボスと一緒に月見草の丘に向かうことになったシロ。
果たしてシロはお母さんに会うことができるのでしょうか?

物語は4巻へ。

まとめ

この巻の見どころは、里子と香川先輩の恋の行方、
そしてシロのお母さん・ルナについての話ですね。
特にルナの話は、個人的には何回見ても、涙が出てきてしまう話です。
そして、ラストにほっこりする話です。

どうしてシロが、人間に変身できるのか、どうしてみかん箱に入れられ川に捨てられたのか?
その謎が明かされています。

あっ、あとサスケの初登場ですね!後々の…おっと(笑)
初対面が火事騒動の時だったことは忘れてました。

そして、少しずつですが、里子は月の光に照らされるシロの姿を目撃したり、
「お月様に猫にしてもらうから」
「あたしが変身できるのはね お月様からもらった銀のしずくの力のおかげなんだよ♡」
と猫野白の姿から聞きます。
うちのシロ=猫野白ちゃん?と頭の中で考えますが、なんてバカなことを考えるんだと否定します。

ちょうど区切りのいいところで4巻に続きます!

 

電子書籍のススメ!

くまリオが電子書籍をおススメする理由

 

 

ねこ・ねこ・幻想曲3巻を電子書籍で読む!

ねこ・ねこ・幻想曲3巻を電子書籍で読む!

スポンサーリンク
スポンサーリンク