安野モヨコ【脂肪と言う名の服を着て】完全版 1巻・あらすじ・感想

志望という名の服を着て安野モヨコ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

脂肪と言う名の服を着て 完全版 1巻

週刊女性で1996年6月4日号から1997年9月9日号で掲載

後に読み切りが掲載され、それと合わせて、2002年7月に完全版として発行

※アイキャッチ画像は文春文庫版を引用

あらすじ

OL・花沢のこは、太っている劣等感から、気も弱く職場でいじめられていた。食べることで現実や嫌なことから目をそむけてきた。そんなある日、長年付き合っていた彼氏を同僚に奪われたのこは、彼氏も取り戻し、幸せになるために、ダイエットすることを決意するが…。

主な登場人物

花沢のこ(はなざわ のこ)

嫌なことがあると食べることによってストレスを発散してきたので、肥満気味のOL。
その上、地味で暗いため職場でもいじめられ、同僚に付き合っていた彼氏を寝取られる。

橘 マユミ(たちばな まゆみ)

のこの同僚。美しい外見だが性格はきつく、のこを目の仇にしている。間接的にのこを苦しめるため、のこの彼氏を寝取る。

斉藤利彦(さいとう としひこ)

のこの恋人。商社勤務。劣等感を覚えずに済むという理由で、高校の時から8年間のこと付き合っていたが、マユミに誘惑される。

田端(たばた)

のこの同僚。醜い容姿で陰険のため、同僚から嫌われている。マユミに憎悪の念を持ち、同類と考え、のこに近づく。

藤本(ふじもと)

のこが後に出会う老人。肥満嗜好であり、のこが気に入り大金を託す。

キヨ

のこがダイエットのため通うエステサロン「スーパースリムセンター」のエスティシャン。

ネタバレ・感想

脂肪と言う名の服を着ての1巻は電子書籍で試し読みができます。お先にどうぞ!

脂肪と言う名の服を着ての試し読みはコチラ!

 

電子書籍のススメ!

 

ここから、ネタバレ・感想になります。ご注意下さい。

 

 

 

●第一話

食べていれば大丈夫 食べられれば何とかなる

たとえイヤなことが沢山あっても

のこは同性の同僚から陰で悪口を言われ、異性の同僚からも直接、嫌悪感をぶつけられていました。
しかし昔からなので、別に気にしていませんでした。高校から付き合っている彼氏もいるからです。
しかしある日の帰り道、彼氏の斉藤くんとマユミが一緒にいるところを見てしまい…

食べてればいい 何も考えなくてすむから

 

いきなり食べ物をガツガツ食べるコマがあるので、のこのセリフではないですが、
おなかすくとダメよね。テレビでも漫画でも飯テロだわ…(笑)

手づかみで、食料をガツガツ食べたことがないですが、餃子らしきものも、
手で食べたんだろうか…(笑)

 

●第二話

昨日、見たのは全部気のせいだった気がする…
そう考えたのこでしたが、昨夜、斉藤くんは家に来ませんでした。

大丈夫 食べてれば大丈夫

しかし、マユミがのこの彼氏と寝たことを知ってしまい…。

 

 

見間違いと考えるのも、すごい開き直り方と思いますが(笑)
斉藤くんも、斉藤くんだな…

頭の中で声がする 食え!!

嫌なことがあると、もうここまで食べてしまうのは、ドカ食いではなく
病気の片鱗が垣間見えますね~。

机の引き出しに、そこまでお菓子入れるスペースあるのか…まぁあるか(笑)
トイレの中で物を食べる人がいる、というのは何となくわかりますが、
会食恐怖症とか、精神的なことも含めて。
でも、逆に個室に誰か先に入っていたら、悪口とか内緒話とかしたくなくない?(笑)
誰が聞いているかわかんないもんね。

 

●第三話

職場でのこはマユミを見ながら心の中で悪態をつきます。
仕事のミスまで、自分のせいにされ、ついにのこは斉藤くんのことで、
マユミの顔を叩いてしまい…。

 

「ごめんねぇ のこ」「ところで彼は元気?」

もう、この一言は、マユミは確信犯すぎる(笑)

斉藤くんも、何だか性格というか育った環境が難ありなんだなぁ…と思いつつ、
のこみたいに、浮気現場で、にこっと笑いかけ「帰ろう」なんて言いたくないなぁ。
いや、言いたくなる心理は分かるんですが、嫌だ(笑)

 

●第四話

会社も休み続け、斉藤くんからの電話もないのこ。
そんな時、男の人の声が聴きたいとテレクラに電話をかけ、
そこで、肥満嗜好の藤本さんという老人に出会い…。

 

藤本さんは、他の人がいるにも関わらず、フンフンと、のこの脚を眺めたり、
裾をめくる始末(笑)…通報されんじゃないの?(笑)

藤本さんによる、それぞれの年代の肌の特徴語り。
まぁ、分かる。それな!

「やせたい こんな肉もういらない」

「やせてキレイになりたい」

ついに、のこはダイエット決意か?

「やせたら幸せになれると思えるのかね」

この藤本さんの言葉が、後々のこのストーリーの肝になるのかなぁと思います。

もしも痩せてたら…の妄想はしがちですよ、わたしも(笑)
胸はやせないで、はわかりみがあるw

 

 

スポンサーリンク

 

 

●第五話

藤本さんからもらった大金をしまっておくことにしたのこ。
しかし、下着のことで指摘を受けたのこは、憂さ晴らしをしますが、
さらにそのことで責められ、ついにダイエットをしようと電話するが…。

 

「てめえらみたいに 自分がめかすってことだけにすべての金と時間ついやせるわけじゃねえんだ」

はい、これはあれですね!
実家暮らしの人には、耳が痛いですよね。
昔、バイトでお給料を現金で手渡しされた時に、実家暮らしのことを知っていたので、
いいなぁ、全部、これお小遣いになるんでしょう?って言われた記憶あります。
…んなわけあるか!と思ったんですが、一人暮らしは断然、大変だと思います。

ロッカーを蹴ったり体当たりして、うっぷんをぶつる様子をそっと見る掃除のおばちゃん。
掃除おばちゃんは見た!笑

波動の乱れ 波動の乱れであたしは太る そして乱してるのは

田端さんの言葉をいとも簡単に信じてしまうなんて、
将来、あやしげな壺を買わされても知らんぞ!(笑)

 

●第六話

スリムセンターに電話をしたものの、怖くなって電話を切ってしまったのこ。
しかし、斉藤くんから電話があり、再びダイエットの決意をし…。

 

女なんて何もかもゆるくて間抜けなほうがいいに決まってるんだ、
やすらぎなんだから あいつに求めるのはやすらぎだけなんだから

斉藤くんのバックボーンが描かれてますが、まぁ母親が原因ですよね~。
斉藤くんの女性への価値観が歪んでるのは。

あと、のこを見て思ったのは、これが最後とか、ダイエットは明日から!…という時点で、
ダイエットは失敗するようなもんですよね…(遠い目)

 

●第七話

のこはダイエットを決意したものの、のこが会社を休んでいる間にマユミの提案で、
同僚の仕事のミスをのこがしたようにハメられ、のこは会社の地下室行きになってしまい…。

 

「えーーと………新陳代謝が悪いみたいですね」

のこが、どんだけ正直にアンケートを書いたのか気になる。
間が!間がありすぎるw

あいにく、人生でエステ通いをしたことはないのですが(笑)
金額の合計が98万円って妥当なんですかね??高いなぁ。

地下室での仕事が「私の将来」についての作文、できたらプリントして希望者に配布って(笑)

地下室とか見ると、ショムニとかを思い出してしまいました。

 

●第八話

田端さんからマユミが仕組んだこと、ハメられたことを説明されますが、
深い絶望と焦りを通りこして、無感覚に近い感じを覚えるのこ。

やせなかったら…あたしはあの地下室から一生出られない

そう思いながら、ダイエットの施術を受けるのこ。その頃斉藤くんは…。

 

マユミでは安心しないくせに、これだから男ってのは…!
一度ハマると抜け出せないのかなぁ…。

完全版の2巻へ続きます。

まとめ

わたしが持っているのは、完全版の文庫本ですが、いっきに読むとすごいですね。
ダイエットの経験者なら、のこに感情移入しやすいかと思います。

1巻だけで言うことは、斉藤くん、ナイわ…w
マユミはまぁ、典型的なイヤなヤツだけど、立ち回りいいから、
異性にはモテるタイプだなぁと。友達には絶対になれないタイプ(笑)

2巻へ続きます。

 

電子書籍のススメ!

 

脂肪と言う名の服を着てを電子書籍で読む!

スポンサーリンク