あいざわ遥【お砂糖缶づめ】あらすじ・感想

お砂糖缶づめ1巻あいざわ遥
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

お砂糖缶づめ

りぼんオリジナルで1993年2月号から8月号に掲載。

あいざわ遥先生の単行本5作品目にあたる作品。単行本としては6冊目。

主な登場人物

中澤 あきら(なかざわ あきら)

高校一年生。大ボケ少女。いつもアメ玉を持ち歩いている。
メガネをかけるとボケた様子から一転、性格が変わる。

朝比奈 静(あさひな しずか)

高校二年生。生徒会長であり、影の正義の味方。学園のため一人二役を演じている。

小林 緑子(こばやし みどりこ)

高校二年生。生徒会書記。見た目はイケイケ、中身もイケイケ。
静のことが好きだが、憎まれ口を言い合う又造のことも何だかんだで好きなようである。

馬場 又造(ばば またぞう)

高校二年生。生徒会副会長。おかまでハーフの占い師。
通称「マティ」。本名が又造のため、マティ呼びを周りに勧める。

あらすじ

学校内の北のはずれのもう使われていない体育館の裏のそのまた奥に、
悩みや困ったことを手紙に書いて入れれば、解決されるという噂のおたすけポストがあった。
あきらも、そこに依頼を書いた手紙を入れようと来たが、
そこには、ポストの中を開けようとしている生徒会長の姿があった。
あきらに見られたことにより、自分たち生徒会が影の正義の味方であることをバラしたが、
大ボケな性格のあきらは、説明されても静たちのことを正義の味方と認めない。
困った静たちは、今日、来た手紙の依頼で正義の味方だと証明しようとする。
静たちについて行きながら、あきら自身も依頼を解決するために静たちに協力する。
ようやく、自分たちが正義の味方であることをあきらに信じてもらい、
改めてあきらの依頼を引き受けるべく手紙を受け取る静。
果たしてあきらの依頼とは…?

ネタバレ・感想

お砂糖缶づめは電子書籍で試し読みができます。お先にどうぞ!

お砂糖缶づめの試し読みはコチラ!

 

※ここから、ネタバレ・感想を含みます。ご注意ください!

 

 

 

あきらが可愛い。ヌケていて、今でいう、正真正銘の天然ボケ。
こういう守ってあげたいような、だけどメガネかけると頭脳明晰できびきびしている、
ギャップ萌えも備えているというね。純粋だし、鈍感だし、
もう一度言おう、とにかくあきらがいちいち可愛いのだ(笑)

わたしは、やっぱりあきらが可愛くて好きだなと思うのですが、
当時、4人の中で誰が1番人気あるのか?となったらしいですが、
マティ(又造)が人気らしいですよ。

この巻に第1話~第4話が収録されていて、
第3話はマティにスポットが当てられているのですが、
マティのキャラの魅力が全面に出ています。マティもいいぞ!
そして、その話は緑子ちゃんもいつもより出番がある回なのですが、
こう見た目はイケイケなのに、素直になれない女の子っているよね。
そんな姿が愛おしいのだ!年とると、そんなあったかい目で見るようになるんですね(笑)
ってか、緑子ちゃん、静のことが好きだから、最初はあきらのことも邪険にする感じで
扱っていたのに、なんだかんだであきらの面倒見すぎるぐらい見ちゃうし、
髪も結ってあげるし、あきらのことを好きになってる静に助言もするし、
何ていい子なんでしょうね。
子供の頃は、とっつきにくそうなイメージ、あきらにイジワルするというイメージだったと
思うんですけど、緑子ちゃんも、やっぱり魅力的なキャラだと思います!

静は、根が真面目なんでしょうね。
でも、第2話であきらが、ある人から狙われて、いやがらせを受けるのですが、
「―絶対犯人を見つけてやる」
「1ばんねらわれてんのはお前なんだぞ 1人にしておけるか」
と抑えるべきポイントは、ちゃんと抑える人なんだなと思います。
分かりやすくあきらに惚れていくので、周りにバレバレ、しかしあきら本人には
伝わらないというある意味、王道な感じですね(笑)
今見たら、ちゃんと理解できるんですけど、小学校当時は、
「俺が責任とるから」って意味分かんなかったなーと懐かしくなりました。

 

まとめ

この作品を見ると、大きいアメ玉が食べたくなるなと思ってたんですが、
大人になっても、やっぱりアメ玉が食べたくなる作品です(笑)

恋愛の話というより、4人のキャラたちが、様々な依頼を解決していくというお話しが主体です。
しかし、本当に魅力的で可愛らしいキャラなので、1コマ1コマに可愛さが詰まっています。

現役のあいざわ先生の初期の頃の作品で、なかなか単行本が入手しにくい上に、
残念ながら電子書籍も今のところありませんが、是非おススメしたいコミックです!

8月3日 追記

大塚由美先生の電子書籍化にとどまらず、あいざわ先生の初期の作品も電子書籍化され、
お砂糖缶づめも、電子書籍化されました!祝☆おめでとうございます!
あれ?君におくるエールとか、なってないやつもあるか…。うん、まぁそこは…ね?(笑)
とにかく、あきらの可愛さが、電子書籍でも読めるんですよ!これは、ありがたい。
久々にまた読むと、大きいあめ玉が食べたくなるなぁ…。誰かくれへんかなぁ…(笑)

電子書籍のススメ!

くまリオが電子書籍をおススメする理由

 

 

お砂糖缶づめ1巻を電子書籍で読む!

お砂糖缶づめを電子書籍で読む!

スポンサーリンク
スポンサーリンク