スポンサーリンク

もへじ 北海道から【さくらきなこねじり】

さくらきなこねじり もへじ
この記事は約2分で読めます。

こんばんは!くまリオです。

通常のきなこねじり、抹茶きなこねじり…どちらかというと、
きなこねじりの方を定期的によく購入するのですが、去年ぐらいから?
季節限定品として、中身が少な目で、限定フレーバーのを見かけるようになりました。

…といってもまだシナモンのしか記憶にないのですが(笑)
さくらの時期にも、この「さくらきなこねじり」を出してきたので、
年間の様々なフレーバー特集の時に、相性が良さそうなフレーバーは、
今年は、きなこねじりも新商品が色々と出てくるのではないかと踏んでいます(笑)

もへじのオリジナルブランド「北海道から」このマークがついた商品は、「食の宝庫」とよばれる北海道の食材・食品に注目し、北海道の原料を使用して、北海道の工場でつくられたこだわりの商品たちです。生産者の想いが詰まっています。 引用:公式サイト
スポンサーリンク

もへじ 北海道から【さくらきなこねじり】

さくらきなこねじりの中身

桜餅のような香りが楽しめる、味わい豊かなきなこねじりに仕上げました。 引用:カルディ公式サイト

価格・カロリー

価格:183円(税込)

カロリー:1袋(70g)あたり 253kcal

詳しくは↓

さくらきなこねじりの栄養成分表示

感想

通常のきなこねじりより、若干、桜葉の緑がかった色をしているかなと思います。
開封すると、きな粉の匂いと桜の葉の匂い、どちらもします。

一口かじると、きなこねじりの美味しさにさらにプラスされて、
桜の葉の香り、そして塩も使用されているので、いつも以上に
和菓子っぽいというか、深い味わいになっているなと思いました。

個体によっては、塩気の塩梅が微妙に違うので、少ししょっぱいかな?と思うのもあれば、
ちょうどよい塩梅もあり、小豆や餅は使用されていないけど、
桜餅のような香り…と謳われているのも理解できます。

あと、匂いが、食べる前はたしかにきな粉や桜の香りがするのに、
一口かじって、再び匂ってみると、さっきまでの香りを感じられない…といいますか、
口の中の味、口から抜ける匂いの方が強いので、鼻からの匂いが薄まる気がします。
…わたしだけかもしれませんが(笑)

ただでさえ、きなこねじりは美味しくて好きなのに、大好きな桜がプラスされて、
やはり間違いない味に仕上げっていました。
この余計なものは、一切使用されていないのもいいいですよね!

…しいて言うなら、この少量タイプの限定フレーバーは、
ジップロックのようなチャックがないので、しっかりと封をされることをおススメします。

今年、初めての新商品ですが、来年も販売されていたら、個人的にはリピ買いします!

 

スポンサーリンク