スポンサーリンク

KALDI【プレミアムチョコレートプリンミント】

プレミアムチョコレートプリンミント オリジナル商品
この記事は約3分で読めます。

こんばんは、くまリオです。

2016年に発売された「プレミアムチョコレートプリン」の派生商品として、
プレミアムチョコレートプリンミントが2018年秋に発売されました。

購入したのはたしかに秋だった…しかし食べるのは年明けの2019年…
わたしはよく購入しても、賞味期限が長い商品はすぐに食べない傾向にあるので(笑)
2019年もそんな感じのレビューになるかと思いますが、よろしくお願いしますw

スポンサーリンク

プレミアムチョコレートプリン ミント

プレミアムチョコレートプリンミントの中身

濃厚なミルクチョコレートの味わいとペパーミントの清涼感が合わさった、クリームのようになめらかな口当たりのプリンです。冷やすと一層おいしくお召し上がりいただけます。 引用:カルディ公式サイト

冷やすと…とありますが、常温でそのまま食べました。…寒いんで(笑)

価格・カロリー

価格:199円(税込)

カロリー:1個(68g)あたり 145kcal

感想

一応、わたしはプレミアムチョコレートプリンを食べたことがあります。
そして、チョコミン党ではありません…というのを念頭において読んでくださいね。

まず、開封した時の見た目ですが、プレミアムチョコレートプリンの時に比べて、
チョコの色が薄かったです。
プレミアムチョコレートプリンは、ビターチョコレートが使用されていましたが、
こちらはミルクチョコレートを使用しているからだと思います。

開封して、チョコの匂いと共にミントの匂い、しますね。

いざ!スプーンを投入…したところで、おっ?と思いました。
プレミアムチョコレートプリンは、ねっとりというか、
Twitterでもバズったように、プリンというより生チョコ、
ペースト状でパンにも塗れる…のような意見があったと思うのですが、
このミントバージョンは、すっとスプーンが入って、
あぁプリンだな…というのが感じ取れました。
でも、普通のプリンよりかは、固さもあり、形も崩れないです。

ねっとりではない、なめらかなチョコプリン。
なので、プレミアムチョコレートプリンを知っている方が、
このミントバージョンを食べると、肩透かしをくらうかもしれません。

肝心のミント感ですが、最初からミントがガツン!とくるタイプではなく、
チョコレートプリン、そして後からふわっとミントが追いかけてくるような感じです。
チョコミン党ではないので、わたしはこのくらいのミント感で文句はないのですが(笑)
おそらく、チョコミン党の方から言わせるなら、
物足りない!という意見になる、と思います。たぶんですが。

というのも、実は、これを食べた同じ日に、不二家のLOOKチョコのミントを食べまして、
その強烈なミント感にやられてしまったので、
このプレミアムチョコレートプリンミントのミント感が可愛いレベルに思えました(笑)

プレミアムチョコレートプリンはビターで濃厚感があったのですが、
こちらはミルクチョコレートを使用しているものの、
ミントが生きているのか、割とあっさりと食べれました。甘味が緩和されているというか…。

 

個人的には、もし2つ売っていたら、ミントの方ではなくノーマルの
プレミアムチョコレートプリンを購入します。
あっちの方が、いろんな意味で衝撃だった。

しかし、カロリーはこっちの方が低いんですよねー(笑)
いや、あっちのも意外に低いのにも驚いたんですが。

濃厚ビター感が欲しいときは、プレミアムチョコレートプリンで、
ミントの爽やかさと共にあっさりとチョコレートプリンが頂きたい時はこちらの商品…でしょうか。

KALDIさんは、チョコミン党のみなさんに嬉しいお店となっていますので、
チョコミン党の方もそうでない方も(ミント感が少な目なので大丈夫なはず!)
1度、プレミアムチョコレートプリンミント、チェックして見て下さいね!

スポンサーリンク