Web Analytics
KALDI【マサマキリマンジャロ コーヒーゼリー】 | くまリオのススメ!

オリジナル商品 カップデザート コーヒー味

KALDI【マサマキリマンジャロ コーヒーゼリー】

カルディ マサマキリマンジャロコーヒーゼリーオリジナル商品

こんばんは、くまリオです。

とりあえず、まず書きたいことは…
今年は、とりあえず買えたぞ、買えました…!

…と周りの人たちに、手を振りまくりたい気分である、ということですかね。

いやぁ、この商品、忘れた頃にというか、事あるごとに何かと話題になる(と思っている)商品なのですが、それゆえに、見かける時期とか、売り切れる早さとか、いまだに掴めず、
そして人気があるゆえに、全国的な傾向は分かりませんが、
地元の店舗では、見かけた時に買わないと、割と早くなくなってしまう商品なんですよ。

なので、去年は本当、大失敗だったんです。

その日は急いでいたので、店舗の外の通路、割と目立つ位置に陳列してあって、
(大量に入荷してある、よし明後日(みょうごにち)でよかろう…)
と、確かに目視して、買うのを楽しみにして、そそくさと店舗を横切ったのですが…

その明後日、あったはずの場所に跡形もなく…
あれ?…いやいや場所が数日で変わるのは、ままあること!と思いながらも、
店舗をぐるりと1周。???……いやいや、どこかにあるよね、うん、と、
さらに凝視しながら1周… ……ないな、やっぱり(´゚д゚`)

えぇ…?あの量って売り切れるもの?誰か大人買いしたの…?
この田舎にもセレブ様が…??

と、まぁ冗談抜きにしても、いつ販売がある商品なのか、
いまだに分かってなくてですね、去年も、その後、ずっと注視していたんですが、
(オンラインは新商品情報しか注目していなかったので、もしかして知らずに在庫はあったのかもしれません。たぶん常時はなくても、何回か在庫復活してると思うんですけどね…)
地元の店舗では全然、出会わないまま2020年を迎えたわけです。

というわけで、今年、手に入れた嬉しさは一塩、倍増というわけです。

今年は、オンラインの新商品情報に入ってくれたので、
地元の店舗で、すぐに捕獲に向かいました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カルディ【マサマキリマンジャロ コーヒーゼリー】

カルディ マサマキリマンジャロコーヒーゼリー

アフリカ最高峰のタンザニアキリマンジャロ山にあるマサマ村で収穫されたスペシャリティコーヒーをベースに作られた贅沢なコーヒーゼリー。コーヒーの味がしっかり香る逸品です。お好みで付属のコーヒーシュガーとポーションミルクをかけて甘さとコクをお楽しみ下さい。 引用:カルディ公式サイト

製造者はサクラ食品工業株式会社さん。

価格・カロリー

価格:297円(税込)

カロリー:210gあたり 151kcal

詳しくは↓

カルディ マサマキリマンジャロコーヒーゼリーの栄養成分表示

感想

まず、価格帯に触れると、1個で300円近いですからね…
なかなかの大物ぶり(笑)だと思います。

自分が貧乏性なのもあるのですが、これを買う時に、いつも3連のコーヒーゼリーが、
ヘタしたら3個(9個)は買えるな、と思いながら買ってます(笑)

まぁ、そんな話は置いといて、さっそくいただきたいと思います!

ゼリーなので、フィルムで密閉されていますが…
数年前?ぐらいに知った豆知識として、ゼリーのフィルムを開けるときは、
手前に向かって(自分の身体の方に向かって)開けると、中の液が垂れないので、
今回もその方法で開封しましたが、1滴も落とさなかったです!(爽)

…うん、コーヒーのというよりやっぱりコーヒーゼリーの良い匂いがします。

スプーンを入れると、液が落ちそうなのは分かりきっているので、
まずは、少し液をすすって…(笑)
うん、この時点で甘みのあるコーヒー、という感じで…

そういえば、みなさんは、コーヒーフレッシュは最初からドバっとかけますか?
(この商品に関しては、コーヒーシュガーもありますが。)

わたしは、基本、そのものの味を知りたいので、本体にかけないのですが、
スプーンですくったものに、フレッシュをちょびっとかけたり、シュガーをかけたりして、
もちろん、何も欠けてないコーヒーゼリーそのものも楽しみながら、いただいています。
ということで、皿に盛りつけることもなく、普通にカップ状態でいつも食べるのですが。
(映えとか、なんぼのもんじゃい!状態、笑)

んで話は戻りまして、まず一口目は何もかけずに…いただきます!
うーん!あいかわらず、つるっとプルンプルンの食感です!のど越しもいい!

初めて、このコーヒーゼリーを食べた時は、その価格帯やカルディから販売されている、
ということもあって、コーヒーがゴリゴリに全面に出た味を想像していました。
(シュガーもつけるぐらいだから、あんまり甘くない苦いコーヒーゼリーを想像していました。)

ですが、このコーヒーゼリー自体、個人的には普通に甘さが十分で、
ゆえに基本、何もかけなくても美味しいんですよね。
そして甘さもあるんですけど、コーヒーの味も濃いというか、主張があり、
その辺が300円近くするのは伊達じゃないぜ!(笑)というところでしょうか。

あと、コーヒーフレッシュをかけた状態では、言い方が悪いですが、
他の市販のコーヒーゼリーのフレッシュをかけた状態と、
受ける印象としては大差はないのですが(あくまで個人的感想です。)
コーヒーシュガーをかけると、甘さも確かにアップするんですが、
ただのシュガーじゃなくコーヒーシュガーだからなのか、
はたまた甘さとの対比が強くなるからか、
よりコーヒーゼリーのコーヒー感が強くなるな、といつも思います。
ゆえに美味しい。甘いんだけど、コーヒーの味もしっかり(*´ω`*)

…でも、やっぱりあんまり付けなくてもゼリーそのものが美味しいので(笑)
たいてい、そのコーヒシュガーも半分以上余らせてます。
(210gあるので、普通にかけて食べるのが好きな方は、きっと足らないと言う人の方が多いかな?)

まとめ

210gもあるので、1個食べるとかなり満足感があります。

…最後にめっちゃ余談なんですが(笑)
その量ゆえなのか、はたまたコーヒーの利尿作用ゆえなのか、これを食べると、毎度トイレが近いんですよね…(知らんがなw)

こ、こほん!

あと、もう一度触れるならば、297円というコーヒーゼリーの中でもなかなかなお値段ですが、
やっぱりこのお値段にして、その味わいがあるのでね…そして量もたっぷりですしね?
その辺のコーヒーゼリー、だまらっしゃいっ…!!というキング感はあると思います。

このコーヒーゼリーに関しては、やはり販売時期がいつ頃なのか何とも言えないので、
今年、その辺を個人的には追っていこうと思います。

とりあえず、新商品のカテゴリとして入っている今は、
オンライン・店頭で買うチャンスだと思います。

気になった方は、チェックしてみてくださいね!


個人的メモ。

2020年3月中旬。2020年5月下旬。