KALDI【ビスキュイサンド】クランベリー

カルディのビスキュイサンドクランベリーオリジナル商品
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

こんばんは、くまリオです!

もうすぐカルディでビスキュイサンドが初めて新発売されて1年経とうとしているので、
最初に発売された「チェリー」に戻ったというか、季節が一巡したかな…と
勘違いしていたのですが、この度は「クランベリー」なんですよね。

とりあえずこのビスキュイシリーズは、個人的に大好きなので、同じ味が再び出ても、その都度買おうと勝手に決意しているのですが、新味のクランベリーということで、嬉しい誤算でした!

チェリーとコーヒー…までは、パッケージがシールタイプだったので、
再び出る時は、どんなパッケージ印刷になっているか楽しみです。

今回は、クランベリーのロゴやイラストが赤色ベースだったので、裏の栄養成分表示など同じ色でくると思いきや、緑なのか…。さくらや抹茶はロゴと同じ色だったので、その辺の細かい違いが微妙に気になる…これもきっとHSPだから(笑)

すみません、改めまして、ビスキュイサンドクランベリーの感想を。

カルディ【ビスキュイサンド】クランベリー

カルディのビスキュイサンドクランベリーの中身

北海道産バターを使用した風味豊かなビスケットで、ミルククリームと洋酒漬けのドライクランベリーをサンドしました。 引用:カルディ公式サイト

価格・カロリー

価格:179円(税込)

カロリー:1個(約38g)あたり 242kcal

詳しくは↓

カルディのビスキュイサンドクランベリーの栄養成分表示

感想

開封すると、ビスケットの生地のバターの良い香りがしました。
この段階では、クランベリーの匂いはそこまでないです。

サンドしてあるものをとりあえず、ぱかっとオープンすると、
ミルククリームの上に、参考までにドライクランベリーが7個ほど散らばっていました。

チェリーの時のでかいドライチェリーがどーんと入って噛み切れなかったという思いがあったので、
どうやら今回は、そんな心配をしなくても良さそうだ。

では、再びサンド状態にして、いただきます!

今回は、夏季販売&自分の部屋で常温保存していたという要因もあるので、
開封する前も少し感じていたのですが、生地のバターの油分が染み出ている感じがしました。

でも、それが効いているのか?(笑)今回、生地だけを最初、食べた瞬間に、
美味しい!と改めて感じました。このビスキュイサンドの生地が好きなんです!
思えば最初、初めて食べたチェリーも、生地が美味しかったので、これからこのビスキュイサンドがシリーズとして展開されるなら、追ってみようと思ったんだった。

前回、抹茶だったので、生地も抹茶テイストだったのですが、
基本クッキーとか、ココアと普通の生地だったら、普通の何も混ざっていない生地が好きなので、
まさに今回のシンプルタイプの生地が大好きなんです。

もうこの際、中身のクリームもいいから(おいw)この外側のビスケットだけ何枚かセットにして
カルディオリジナルで売ってくれないかな(笑)そしたら買う!

すみません、でもこの厚みといい、食感といい、甘すぎない感じといい、好みだ。
…と思って、一緒に食べた家族さんも、わたしと同意見だったのは、さすが家族だな、と思いました(同じもの食べているからか、好みや感覚がよく似てらっしゃる、笑)

一口目は、厚めのビスケット2枚が一気に口の中にくるので、生地の感想しか書いてませんね。
二口目以降は、中のクリームとドライクランベリーにたどり着きました。
ドライクランベリーは、柔らかめで、しっかり甘酸っぱさを感じます。
そしてふんわり洋酒テイストでなお美味しい。

クリームが、説明どおりミルククリームなので、さらっとしたクリームの甘みというより、
練乳みたいな、ややねっとり甘めのクリームでした。
でも、クリームの量自体は、毎度ながら、ビスキュイ2枚分に対して少なめだと思うので、
全体の味の感想としては、クランベリーの甘酸っぱさを感じつつも甘すぎない、
ビスキュイサンドに仕上がっています。
クランベリーも思っていたより入っていたので、全体にまんべんなく味わえたのが良かったです!

…もしチェリーが今年も出る予定があるのなら、噛み切れるほど柔らかくするか、大きいのドーンといれるより、刻んでもらえると嬉しい。(ここで書いても無駄というヤツです、笑)

まとめ

レジ前(レジ横)棚のラインナップの中では、やや高めの値段設定なので、
どちらかというと、すぐに売り切れる商品ではないな、と1年間を通して学びました(笑)

値段は高いんですが、なんだろうな…シンプル系のビスケットとか、クッキーとか好きな人は、
絶対好きだと思います。
逆に、六花亭のバターサンドとか、中のクリームの方にも存在感を求める人は、
ちょっと違うかなと感じるかと。
たぶん、主役はやっぱり外側のビスケットのような気がするんですよね、この商品。

まだ5種類しか食べていないので、今後、変わっていくと思いますが、
クランベリーは、今のとこ、さくらといい勝負なぐらい好きです。(やっぱり白生地系のビスキュイの方が好みです。)
同じベリー系なら、チェリーより、こっちのクランベリーの方が好みでした。

ビスキュイサンドクランベリーは数量限定品です。
前述の通り、すぐに売り切れる商品ではないと思いますが、レジ前棚も入れ替わりが早いですからね。(地元のカルディではビスキュイサンドは基本、レジ前棚なのですが、店舗によって陳列場所の違い、入荷数の違いはあるかと思いますので、あしからずご了承ください。)

気になった方は、やっぱりお早めに店舗、オンラインをチェックしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク