Web Analytics
アレクサンドロフ【スィローク(スイートカッテージチーズ)レーズン入り/アプリコット入り】 | くまリオのススメ!

KALDI他社製品冷凍

アレクサンドロフ【スィローク(スイートカッテージチーズ)レーズン入り/アプリコット入り】

アレクサンドロフ スィローク レーズンとアプリコットKALDI
スポンサーリンク

こんばんは、くまリオです。

10月の上旬に、カルディの冷凍コーナーで購入していたものを開けてみました!よしよし、確実に冷凍庫スペースを空けていってるぞ…お餅を入れるスペースは出来そうだな!(爽)

最初、店頭で見かけた時は、いきなり冷凍コーナーに陳列されている感じだったので、前情報もなく、「何だこれは!?」という感じだったのですが…

パッケージの感じから、どう見てもロシア(アレクサンドロフ)の「プレミアムチーズ」のとこ…やんなぁ?

乳脂肪5%バージョンがあるのは知っていたけど、こんな感じの商品もあったんだな…と手を伸ばしかけたところで、1個が631円なことに気がつく…

ろっぴゃく……(΄◉◞౪◟◉`)

(ポチポチ…検索)プレミアムチーズは321円だったか…いや、向こうは50gだけど、こっちは100gでの値段か…ってことは、どっこいどっこい…少し安い?

……いや、安くねぇよっっ!!!(΄◉◞౪◟◉`)

とも思ったんですが、興味がある以上は食べてみたい!…ってことで、レーズン入り、アプリコット入り、どちらも購入してみました。思わぬ散財…(ノД`)

賞味期限はまだまだあるんですが、冷凍庫スペースを空ける目的と、2個でケーキ並みのお値段と思えばいいか…ということで、贅沢に2個開けちゃう!

カロリー…?冷凍されてたから、ゼロカロリーっしょ☆(カロリーゼロ理論を胸に刻んで食べる☆爽)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アレクサンドロフ【スィローク(スイートカッテージチーズ)レーズン入り/アプリコット入り】

アレクサンドロフ スィローク レーズンとアプリコット
左側がレーズン入り。右側がアプリコット入り。

ロシアの人気スイーツ、「スィローク」のレーズン入りです。スイートカッテージチーズの甘さとレーズンのコクのある甘酸っぱさがよく合う極上のスイーツです。(レーズン)

ロシアの人気スイーツ、「スィローク」のあんず入りです。スイートカッテージチーズの甘さとあんずの甘酸っぱさがよく合う極上のスイーツです。(レーズン)

引用:カルディ店頭POP

原産国はロシア。

価格・カロリー

価格:各631円(税込) 参考価格:カルディ

カロリー:1個(100g)当たり 344kcal(レーズン) 339kcal(アプリコット)

詳しくは↓

アレクサンドロフ スィローク レーズンとアプリコット

感想

外装の紙箱を開けた後が、上の写真にあるように、金色のパッケージだったので、プレミアムチーズの時みたいに、これを開けるともう中身(商品)と思ってたんですが…

金色のプラパッケージを開けるとさらに、紙で包まれた物体が出てきました。

…コレを見て何と思ったか、皆さんもお分かりですよね?(笑)せーの…

「「バターやん!」」

先にアプリコットから開封したこともあり(レーズンほどアプリコットがゴロゴロ入ってない見た目だったこともあり)、完全にバターやん!って思ってしまいました。

レーズンを開けた時の方はまだ、ラムレーズンチーズとかラムレーズンクリームみたい、思った…いや、六花亭のバターサンドの中身に換算したら何個分だろう…とも思ったので、やっぱり「バター」と思ってるのか(笑)

……まぁ、実際にバターも入ってるので、バターっぽい風格があっていいのか( *`ω´)

匂いは冷凍されていることもあって…開封してすぐに何か香りを感じ取る、ということはなかったです。

では自然解凍されたので(10分置いた)、カットしながら食べていきたいと思います。

アレクサンドロフ スィローク レーズンとアプリコット

まずアプリコット!

アプリコットの方が、全体的に黄色味がかってますよね。包丁でカットしたんですが、まだ少し冷えていることもあるのか、バターをカットしているような感触でした。カットするとチラホラと、アプリコット(あんず)が散らばって入ってる感じ。

ではでは…いただきます!

…うん!食感はバターじゃないですね(笑)食感はやっぱりプレミアムチーズに似たところがある。乳脂肪分はこちらは…23%なので(向こうは26%)大差はないですが、甘さがこっちの方が強く感じます。

向こうがチーズよりのチーズケーキなら、こっちはケーキよりのチーズケーキという感じで、よりスイーツ(洋菓子)っぽさを感じる味わい。思ってたより、甘さを感じる(*´Д`*)向こうで感じた酸味っぽさはあまり思わない…かも。

アプリコットも小さめのカットながら、甘いです。甘酸っぱい、とまでは個人的には思いませんでした。

では、選手交代、レーズン入りの方を。

これはね、カットの感じからまず違った(笑)同じぐらいの解凍時間なのに、そして結論から言いますと、最後までそうだったんですが、アプリコットは終始、だいたいキレイに包丁でカットしながら食べることができたんですが、レーズンはね、包丁を入れると、ガタガタボロボロ(笑)キレイにカットできないでやんの!

たぶん、外見だけではなく、中身もしっかりレーズンが入っていたので(かつアプリコットより存在感のある大きさ)、レーズンに当たってガタガタになるのと、ゆえにベースのチーズとの結びつきが弱いのか、ポロポロなる感じがあって、終始キレイに切れなかった(。-∀-)

アプリコットはバターを切っている感覚、レーズンは、これはカッテージチーズなんだよな、と思わせてくれる感覚でした(笑)

さてさて、ボロボロになっても口に入れば同じ、いただきましょう!

…うん♪色味が違っても、ベースのチーズの甘い味わいは一緒のような気がする。こちらも乳脂肪分は23%、甘みを感じるチーズケーキのような味わい。

ただ、レーズンがゴロゴロ入っていることもあり、ベースのチーズだけを味わう部分が少ないというか、レーズンの甘みも同時に感じていて、アプリコットと似たような味わいですが、レーズン入りの方がより甘さを感じるような気がします。こちらも、甘酸っぱいとまではいかない甘さのあるレーズンという感じ。あと、ポロポロしてる分、口の中での溶け方も早く感じます。

あ、そうそうレーズン、ゴロゴロ入ってたんですが、結果的に…全体のうち、1、2個ぐらい?種(小さいけどね)が残っていて、ガジッとなり、口から出しました。多分、基本は種無しのレーズンが使用されていると思うんですけどね(。-∀-)

あと全然関係ないというか、どうでもいいんですが、見た目で、ラムレーズン入りのバタークリームっぽさを感じるので、お酒の味はしないと思いつつも、ラムレーズンだったら、さらに大人向けの豪華なスイーツに仕上がりそうだな、とも思いました。

久々に、赤ワインを開けたのですが、ねっとり濃厚な甘さのあるチーズケーキという感じだったので、ワインとの相性もバッチリ!、どちらも甲乙つけがたく美味しかったです(*´꒳`*)

まとめ

食べ比べてみても、大筋の味わい、ベースの味わいは同じ感じがするので、普通に食べやすさ(カットのしやすさ)を思えば(笑)アプリコット入りで、フルーツの存在感が欲しければ、レーズン入り、という感じでしょうか。

もう一つ言うならば、個人的には、ベースのチーズ部分が気持ちもう少し甘さ抑えめの方が好みだったかなぁと思います。(一応、あっまーい!と思うようなチーズケーキでは全然ないです!個人の好みの問題。)

地元のカルディでは10月上旬に店頭に見かけて以降(入荷して売り切れた以降)、再び入荷している様子はないので、これがプレミアムチーズと同じ扱いになるかは定かではないですが…また入荷するかな?(最近、地元のカルディはプレミアムチーズ1種類だけ入荷していた。)

アマゾンとかでも取り扱いあるみたいですが…送料とか考えると(笑)またカルディ店舗お目にかかるといいな、と思います。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました