スポンサーリンク

ティムタム【アイスコーヒー】

ティムタム アイスコーヒー オリジナル商品
この記事は約3分で読めます。

こんばんは!くまリオです。

シーズン初めに購入したはずなのに、シーズン終わりに食べることになってしまいました。
でも、まだ賞味期限より約1カ月前に食べているから、自分の中ではセーフ!(笑)

しかしティムタムも時期が時期、シーズン最後のセール…店頭によっては、
最後の最後は投げ売り価格で売られますが、
こういうチョコレート商品が店頭から消えていくのを見ると、
冬、寒いのももう終わりね…と多少(笑)感傷に浸ります。

いつものように、脱線しましたが、今日ご紹介するのは、
ハニーコムと同じく2018シーズンのカルディ限定のティムタム、アイスコーヒーのご紹介です。

スポンサーリンク

ティムタム【アイスコーヒー】

今シーズン限定!オーストラリアで大人気のジェラートショップ「GELATE MESSINA」とのコラボ商品。コーヒー風味が優しく香る、チョコとの絶妙なハーモニーが特徴のティムタムです。 引用:カルディ公式サイト

ティムタム(Tim Tam)とは?

オーストラリアアーノッツ・ビスケット社1963年から製造・販売しているお菓子です。
商品名のティムタムは、創業者の1人が1958年に観戦したケンタッキーダービー(チャーチルダウンズ競馬場で行われる競馬の競走)で優勝したサラブレッド競走馬ティムタム」から名付けられたそうです。

コーヒーではなくアイスコーヒー…。
原材料にコーヒー挽豆、インスタントコーヒーが列挙されていますが、
コーヒーは0.9%使用されているそうです。
す、少な…ごほん。

価格・カロリー

価格:398円(税込)

カロリー:1枚(17.8g)当たりの推定値 91kcal

内容量:9枚

感想

コーヒーフレーバーだったので、もしかしたらティムタムの甘さが緩和されるかもしれないと
期待していたのですが、コーヒー0.9%の文字に、食べる前から意気消沈。

ティムタムに関しては、必ずガンガンに冷凍庫で冷やして食べるのですが、
(少しでも甘さを緩和するため)
そうでした、冷やすとパッケージの色変わるんでした、年をまたいで忘れてました(笑)

いざ試食!
周りのチョコの色がクラシックダークよりの色なので、
もしかしたら、そんなに甘くないかも!と期待したのですが…
…まぁ甘いよね(笑)むしろ期待通りに甘いよね。

中のクリームが、匂いや風味からコーヒーなのはすぐ分かるのですが、
残念ながら、コーヒーの苦みは感じられず、
ティムタムというお菓子の名の元では、甘さにひれ伏すしかないのか?と言わんばかりに、
うん、ティムタムだね!という仕上がりになっていました。

カルディの限定フレーバーを…3シーズン食べて思うことは、
ティムタムの甘さに寄り添った方向のティムタムの方が個人的には好きかなと思いました。

今年の2つのティムタムより、去年の塩キャラメルやココナッツライチの突き抜けた甘さの方が
面白かった(いや、面白かったって、笑)
…でも本当に好きなのはクラシックダーク。

 

2019シーズンはどんなフレーバーが出てくるのかな…。
もう日本を意識して、さくらとか抹茶とか出てきてもよいのではないかと思うのですが、
ジェラートショップにそんなフレーバーはなさそうなので(笑)
そうだな…ヘーゼルナッツとピスタチオのフレーバーでお願いします!
(ジェラートのメニューを見てきたw)

3月いっぱいはティムタムはセール価格で、348円(税込)とお求めやすくなっています。
ハニーコムとアイスコーヒーは、このシーズンのみの限定フレーバーです。
気になる方は、まだ寒さが残る3月中に是非、お買い求め下さいね!

スポンサーリンク