Web Analytics
KALDI【ロシェフレーズ(苺のロシェ)】食感と甘酸っぱさが♪ | くまリオのススメ!

KALDIオリジナル商品チョコレートストロベリー

KALDI【ロシェフレーズ(苺のロシェ)】

カルディ ロシェフレーズ(苺のロシェ)KALDI
スポンサーリンク

こんばんは、くまリオです。

こちらは今季のカルディの新商品ですが…

バレンタイン時期でもないのに、なかなか強気なお値段で(笑)秋冬のチョコシーズンの初っ端によく出してきたなぁ…と感心しています(爽)( *`ω´)とりあえずこの商品のわたしの第一印象は、高っけぇな、おい!…ですw

ロシェ、と言ったら個人的には、フェレロロシェの方が馴染み深いというか、振り返ればシーズン中に1回は買うような気がしているんですが(しかも30個の方w)、フェレロと比べても、まぁ高いよな…と思ったものの、ハイカカオで産地が書いてある…ということは、こだわりがあるチョコで、苺も香料とかソースじゃなく、ドライいちご使用みたいなんで、ちょっと気になる…ということで、手を出してみました。

あと、久々に見た、フィアンティーヌならぬ「フィユティーヌ」。

この時も、「フィアンティーヌなんぞ?」と思ったクチなんですが、今回も「フィユティーヌ…フィアンティーヌと違うもの?」(´Д` )?と、一応、お勉強がてら調べたんですが、どうやら同じモノを指すんだろうな…と理解しました。

…理解した上で、もうクレープでサクサクした食感なら、フィアンとかフィユとか、よう出てこん言葉より、「ルマンド」の食感がある…でいっか☆…と思うようになってしまったわ(爽)くまリオは知性を捨ててしまった…

あ、それと、自分だけかもしれませんが、オンラインで先にチラッと見た時に思いましたし、実際、店舗で購入する時にも、近く(隣)にその商品のアソートが置いてあったので、余計にそう思ったんですが、「リッタースポーツ」み(っぽい)を感じるパッケージ(箱)だなって思っちゃいました(笑)

単色(苺柄が入ってますが赤色)使いと、真ん中が白地で「R」から始まってるというぐらいの共通点しかないんですが、向こうもこんな立方体の箱物商品があるからかな…リッタースポーツみを感じる(笑)地元の店舗、すぐ隣にリッタースポーツのチョコを置いているの、たまたまなのか狙ってるのか…w

しかし、製造はアサヒフーズさんなんですよね!アサヒフーズさんは、カルディでは、常温のカップデザート(最近の一例を挙げるとピスタチオプリンやクレームブリュレパンプキンなど)の製造者さんというイメージしかなかったので、個人的には珍しい感じがします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カルディ【ロシェフレーズ(苺のロシェ)】

カルディ ロシェフレーズ(苺のロシェ)

サモア産カカオを使用したフルーティーな味わいのハイカカオチョコレートに、ストロベリーとクレープ生地を薄くのばし焼きあげたフィユティーヌを入れました。ストロベリーの酸味とフィユティーヌのサクサクとした食感をお楽しみください。

引用:カルディ公式サイト

製造者はアサヒフーズ株式会社さん。

価格・カロリー

価格:610円(税込)

カロリー:1粒(約6.4g)あたり 35kcal

詳しくは↓

カルディ ロシェフレーズ(苺のロシェ) 栄養成分表示

感想

箱を開けると、上下に4個ずつ、と言う感じで計8個、個包装で入っていました。

では、1個、開封っと♪

まず見た目。これまた、フェレロロシェのイメージが強い、というのと、ロシェ…フランス語の岩という意味なので、ちょっとゴツゴツというか、形が整ってない感じをイメージしてたんですが…

もちろん、見た目がゴツゴツしてそうですが、成形…というか、きれいに丸い形に整ってますね。

そして匂い。すでに、カルディの説明の「フルーティーな味わい」という表現を見ていますが、そのフルーティーさはさておき(つまり匂いではよく分かってないw)、しっかりとしたチョコレート、カカオらしい匂いがしました。んー、個人的にパッと出てきた表現は、華やかな感じがする、というものだったんですが、例によって、自分はチョコレートの香りを上手く例えられないので、ご了承を_(:3 」∠)_

では、いただきます!

ほうほう♪(*´꒳`*)

えっと…まず食感!食感は、大雑把に言うと、クランチ系なんですが、ナッツとかパフやクッキーとか、そこまでの硬さがあるものじゃなく、フィ……ルマンド(笑)なんで、ガリっとか、カリッととかではなく、サクサクしていますね。

わりと満遍なく、入ってるので、一口目からサクサクしてます。

また、食べる前に、表面上で、なんとなく苺の赤色かな〜と思っていて、中にはそこまでしっかり入ってないと思ってたんですが(おいw)、サクッと一口噛んだあとの断面図見たら、わりと中にもドライ苺、入ってました(*´꒳`*)一欠片、一欠片はそこまで大きいものではないんですが、これまた全体に満遍なく入っています。

それが、きれいな赤というか、チョコとのコントラストがいいのはもちろん、赤い部分だけじゃなく、苺の中心部の白い部分もしっかりドライになっているのが分かるというか、要するに当たり前なんですが、本物の(笑)苺を乾燥させてるのが見て分かります。

そして、味わいでも、しっかり苺の酸味が出てるんですよ!…苺に甘酸っぱさがあるのか、酸味が強いのか、チョコの甘さがあるので、迷うところですが、全体としての味わいは、間違いなく甘酸っぱい味わいになっていて、そこにサクサクの食感がプラスされて大変、美味しいです!

…ただ、ドライ苺が、大変素晴らしい力を発揮しているので(笑)「サモア産カカオを使用したフルーティーな味わいのハイカカオチョコレート」というくだり、チョコレート本来の味わい…みたいなのを、何も考えずに食べると感じづらいというか、自分の舌の限界を感じました(笑)

一応、苺が入ってない部分を、ちびっと食べてみたんですが、サクサク食感は一緒についてくるので(それぐらいフィ……ルマンドはいっぱい入ってるんですよ、端っこの端を、器用に噛もうとしたけど、それもやっぱりサクサクしちゃった、笑)、確信しにくかったのですが、チョコの酸味は感じ取れました。(これがフルーティーな味わい、というものかは分からないんですけどね…)

…難しいことを考えず、お値段も考えず(笑)ただ食べたままに言うならば、すごく美味しいです!(*´꒳`*)

まとめ

…まぁ、やっぱりお値段は高いな、という思いは払拭できないんですが(笑)美味しいのは美味しいから、まいっちゃうね!(*´Д`*)

店頭の商品説明POPに、「プチギフトやプチごほうびに」というフレーズ(…英語の意味合いの方です!…くしくもフレーズ、フランス語で苺ですが、狙って書いたんじゃなく、本当に考えなしにフレーズと書いてしまった、笑)があったんですが、人様へのギフトと思うとあんまり考えずに購入できそうなんですが(あくまで自分の場合)…

自分へのごほうびと思うと、ええいっ!と思わないと、買えない(リピ買いできない)感覚だな…なんなら、そのお値段で、安い商品(カルディは全部どれも安くないと思ってるけどw)を2、3品買う方が、自分へのプチご褒美になりそうな気がする…(΄◉◞౪◟◉`)フフフッ

まぁ、パッケージも素敵なんで、個人的にはギフト用途かな…。バレンタイン商戦まで、見据えた商品なのか(数量限定なのかシーズン中に再販があるのか)ちょっと分からないんですが、現段階で、ガンガン売れる商品…とは考えにくい(笑)…おっと失礼!(ジャンピング土下座)

カルディのロシェフレーズ(苺のロシェ)は現在、販売中です。気になった方は、カルディでチェックしてみてくださいね!

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました