KALDI【檸檬タルト】

カルディの檸檬タルトオリジナル商品
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

こんばんは、くまリオです。

カルディでは抹茶・ほうじ茶特集から、レモン特集に移り変わりつつありますが、
ラインナップを見ると、やっぱり去年より断然、
新商品や、そもそもの品数が多くなっているなと感じています。

今年のカルディの新商品というか、商品開発の力の入れようがすごいですね。
さてさて、そんな中、今日ご紹介する商品は、レモン特集の商品ですが、
今年の新商品ではありません。…でも食べるのは初めてです。

どうしようかなぁ…と毎年思ってたのですが、
今年はレジ横の棚の誘惑にまんまとひっかかってみました(爽)

カルディ【檸檬タルト】

カルディの檸檬タルトの中身

レモンゼリーを混ぜ込んだ生地に、瀬戸内産レモンの輪切りをトッピングにした、フレッシュな酸味を生かしたタルトです。 引用:カルディ公式サイト

価格・カロリー

価格:149円(税込)

カロリー:1個(約42g)あたり 168kcal

詳しくは↓

カルディの檸檬タルトの栄養成分表示

感想

何と言ってもまず、見た目のインパクトですかね?
スライスされた輪切りのレモンがでーんとのっかかっています。
…しかも種までご丁寧に(笑)

開封すると、あんまりレモンの匂いが感じられませんでした。
タルト本体より、タルトをのけた袋の中の方からの方がレモンの苦みっぽい匂いがしました。

もへじブランドのタルトも総じて、やわらかめのタルトですが、
カルディブランドのタルトもやわらかめのタルトですね。
…タルトを持ち上げた瞬間、あっ、これはやばいな?とすぐに感じました(笑)

やわらかしっとり生地なのは、いいことなんですが、
ポロポロ崩れやすいので、スプーンやフォークでお上品に食べることをおススメします。

…まぁ、わたしはそのまま手づかみでポロポロさせながら食べましたが何か?(´゚д゚`)

…すみません、感想に戻ります。
レモンの輪切りは、噛みきれない、むしろ頑張って噛み切ろうとすると、
余計タルト生地がポロポロ崩れていくので、もう一度に輪切り部分は食べきってください。
(どうにか噛み切ろうとしたけど、タルト生地をポロポロさせただけの人の意見です。汗)

タルト生地は、どちらかというとレモンから想像する甘酸っぱいような感じではなく、
甘い生地に仕上がっているのですが、このレモンの輪切り部分も甘酸っぱいのではなく、
皮の部分の苦みが効いていて、そこの部分がレモンっぽいという感じでしょうか。
レモン自体も焦げて焼き目が付き、水分が飛んでいるので、
甘酸っぱさや、みずみずしさはありません。

しかし、生地の中にレモンゼリーが混ぜ込まれているので、
そのゼリー部分と、レモンの皮部分で、檸檬タルトらしくなっているのではないかと思います。
…残念ながら、商品説明にあった、フレッシュな酸味は、よう分からんだ(笑)

ここ数年見かけるので、おそらく定番として残ってきた商品なんでしょう。
…思いのほかポロポロしたので(食べるのが下手くそなだけです、すみません)
個人的には来年は、リピらないかも。

タルト生地がなぁ…硬めだったらなと、
カルディ(もへじ)のタルト商品を食べるたびに思うんですよね。
まぁ、好みの問題ですが。

 

檸檬タルトは、レモン特集の時の、季節限定品です。
甘酸っぱい感じはないので、レモンピールみたいな苦みを感じたいレモン好きさんにはおススメです。
硬めのタルト好きさんには…うーん?(笑)

気になった方は、お早めにチェックしてみて下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク