Web Analytics
KALDI【ギモーヴアソート】馨しい香り&甘酸っぱい味わい! | くまリオのススメ!

KALDIオリジナル商品マシュマロ

KALDI【ギモーヴアソート】

カルディ ギモーヴアソートKALDI
スポンサーリンク

こんばんは、くまリオです。

カルディで、ギモーヴといえば、ホワイトデー商戦で(バレンタイン後ぐらいから)取り扱いがあるもの…

ル・トン・デ・セリーズのギモーヴのイメージしかなかったのですが…

そう、それで昨年は結局、ピーチアプリコットしか購入しなかったので、今シーズンこそは、久々に、シトロンかシトロンとフランボワーズの2種類、輸入が(取り扱いが)あれば購入しようと思ってました。

…まさか、今シーズンは、国産のギモーヴ…カルディオリジナルで販売されるとはね!!

しかも製造者は、福岡県の、銘菓「鶴乃子」が有名な石村萬盛堂さんじゃないですか。

平成時代(笑)に確か、その技術を活かして、ギモーヴ専門店を展開された…という記憶があったので調べてみたら、今は残念ながら閉店されているみたいですが、令和にカルディで(カルディオリジナル商品ですが)出会うとは…(*´Д`*)

イベント商品ではあるものの、今年は、本当にカルディでは初めまして!な製造者さんが多いなぁ…( ˘ω˘ )

さて、それなりに良いお値段だったので(笑)ルトンデセリーズのギモーヴは諦めて、こちらの商品を2月にゲットしておきました☆(爽)

…そして、4月になって食べるっつーね。賞味期限が20日までなのさ…

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カルディ【ギモーヴアソート】

カルディ ギモーヴアソート

フランボワーズとパッションフルーツのピューレが入った、甘酸っぱいギモーヴ(マシュマロ)です。

引用:カルディ公式サイト

製造者は株式会社石村萬盛堂さん。

価格・カロリー

価格:540円(税込)

カロリーなど詳しくは↓

カルディ ギモーヴアソート 栄養成分表示

感想

ホワイトデー商品だったので、さすがというか、紙箱ですが、見せるパッケージでギフト向きだな、と思いました。

↑の記事でも触れたんですが、色味で勝手ながらラデュレっぽさを感じました(笑)

では、さっそく中の袋を開封…!

おぉぉ(*´Д`*)??

この感じは…(原材料確認中)よし、香料ではないな(笑)

袋の中は2つの匂いが混在しているので、なんか面白い匂い(おいw)だなと思いつつも、総じて、酸味…甘酸っぱい系の、芳醇な香りがしっかりあったので、香料の可能性も…?と思ったのですが、んなこたぁなかった!!(笑)

そして、中身のプラケースに収まったギモーヴを出して、改めて匂ってみたのですが…

もちろんギモーヴそのものからも、果実味のある匂いがするんですけど、さっきまでギモーヴが入っていたプラ袋の方から、断然、強くて馨しい香りがしました。密封の力なのか…?(笑)不思議。

大きさは、下が約3cm、上が2.5cmの正方形、高さも2.5cmってところです。

個人的には、パッションフルーツの方が珍しい感じがしたので、パッションフルーツ(黄色)からいただきたいと思います。

手触りは、ふわふわフカフカですねぇ(*´Д`*)

匂いは、酸味も感じるような、芳醇な香りです。さっきの袋の中での匂いは、パッションフルーツの方が勝っていた匂いだったのか。

では…

…うん♪まずは食感が、ひと噛みするとやわらかく、口の中でシュワーっと滑らかに広がっていく…やわらかい口どけがあります。

そして、パッションフルーツの芳醇な香りが広がり、酸っぱさと、上質な甘さが広がっていきます。ギモーヴそのものの甘さもあるので、突き抜けるような酸っぱさではないのですが、それでも、しっかりとした酸味と甘さで、甘酸っぱいという感じが出てる、美味しい(*´꒳`*)

そういえば、これは中にクリームやソースが入っているタイプではないですね。(先に石村萬盛堂さんのリサーチをしていたので、中身があるタイプかも?とも少し思っていたw)でも、全体的にフルーツピューレが活きていて美味しい。

お次はフランボワーズ(ピンク)。フランボワーズの匂いは、こっちの方がパッションフルーツに比べて、甘い感じも感じ取ってるような…?ベリー系の匂いで甘酸っぱい。

では、いただきます!

うん!食感はパッションフルーツと同じなので、省略させていただくとして…(すみません。)味わいは、甘さの方を感じます。こちらもギモーヴの甘さも加味されているので、全体として、7、8割は甘さを、残りをベリーの酸っぱさを感じ…ほんのり甘酸っぱい感じ。香りも、やはり口の中に入れると、フランボワーズがフワーッと広がりますねぇ(*´꒳`*)

パッションフルーツの方が、酸っぱさ、甘さ(パッションフルーツの甘さとギモーヴそのものの甘さ)が、パン!パン!と際立っていたので、それと比べると、フランボワーズは、意外に甘いじゃん?と個人的に思いました。

…ただ、これは自分がパッションフルーツ→フランボワーズという順番で食べているので、フランボワーズを先に食べていたら、もうちょっと甘酸っぱさのコントラストを掴めていたかもしれません。

家族さんと一緒に食べたのですが、食べやすい感じは、フランボワーズだけど、パッションフルーツの爽やかな酸味がけっこう好き!とのこと。…わたしも同意見だ(笑)

あと、ギモーヴそのものが、やっぱり美味しいです。

石村萬盛堂さんの、100年以上の歴史が持つ技術があるからかなぁ…すごく美味しいマシュマロもといギモーヴを食べた、という総括になりそう。美味しかったです(*´꒳`*)

まとめ

どちらも、馨しい香りと、フルーツピューレの味わいがしっかり出ているギモーヴでとても美味しかったです!

ル・トン・デ・セリーズのギモーヴと比べると(グラム数も加味すると)、倍ぐらい?…かなり割高なんですが、そりゃ、このお値段するわな…って味わいでした。(なんつー表現wスマン)香料にも頼らず、ピューレがしっかりの果実味がある味なら、そりゃそうだ。

今年、ホワイトデー商戦として初めての商品だったので、また来年も販売があるかは分からないですが、販売があれば、またチェックしたい商品だなと思いました。

…その時は、違うフレーバーだと嬉しいな(笑)単純に違うフレーバーも食べてみたいので(*´Д`*)

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました