ル・トン・デ・セリーズ【ギモーヴ】フランボワーズ

ルトンデセリーズのギモーヴフランボワーズお菓子
スポンサーリンク

こんばんは、くまリオです。

ルトンデセリーズのギモーヴシトロンを食べ終えたので、同じ日に買った、
フランボワーズを続けて食べることにしました。

こちらも、ピンクの外装にフランボワーズもピンクなので、より目にビビットきますね。

先回は、シトロンのシャリっと食感、焼きメレンゲに少し驚いたので、今回は、
食べる前に、先に後ろの原材料をチェックしてしまいました。
…乾燥ラズベリーなのでびっくりはしなさそうだな(笑)

あと、シトロンでは開封後の匂いに驚いたので、今回もできるだけ最初に匂いを嗅ぎまくろう(笑)

スポンサーリンク

ル・トン・デ・セリーズ【ギモーヴ】フランボワーズ

ルトンデセリーズのギモーヴフランボワーズの中身

ドライフランボワーズ(ラズベリー)の粒が入った甘ずっぱいギモーヴです。ギモーヴとはフルーツピューレにゼラチンを加えて泡立て固めたもので、もっちりとした食感が楽しめます。 引用:カルディ公式サイト

価格・カロリー

価格:398円

カロリー:100gあたり 330kcal

内容量:120g 参考までに11個入っていました。

詳しくは↓

ルトンデセリーズのギモーヴフランボワーズの栄養成分表示

感想

よし!では、開封~!

やっぱり匂いが強いですね。
当たり前ですが、今回はフランボワーズの甘酸っぱい匂いが、香ってきます。
…こういう香水、いやお部屋の芳香剤が欲しい(笑)
匂いだけのインパクトなら、シトロンの方があったかな?
でも、ずっと嗅いでいられるのは、個人的にはフランボワーズの方です。

こちらもキューブ状の形で、持つとその柔らかさが感じ取れます。
あっ、シトロンの方で触れるのを忘れていたんですが、その柔らかさから、
開封して中を覗いた段階で、わりと個体同士でくっついていました。
…ちゃんと剥がすことができますけどね。

見た目も、綺麗なピンクですね。
…着色料使われているのは分かっていますが、見た目が可愛いと、テンション上がります(笑)

では、いただきます!

ふわふわもっちり食感に、今回は乾燥ラズベリーがアクセントとなっています。
でも、シトロンの焼きメレンゲほど、食感に違和感がないというか、
上手くマッチングしていると思います。
…食感だけなら、シトロンの方がシャリっとがあって楽しかったかも。
でも、味のまとまりでいうと、フランボワーズの方が、甘酸っぱいという点で、
まとまっているので、全体的な味の違和感もないです。

酸っぱさ(といってもギモーヴ自体はどちらも甘いです。)+甘さが独立しているのが、シトロン。
酸っぱさと甘さが融合しているのが、フランボワーズという印象を受けました。

そしてやっぱりこちらのフランボワーズも、ギモーヴというより、
柔らかいマシュマロをイメージする方が近いかと。

まとめ

フランボワーズの香り高さと、もっちり柔らかな食感が楽しめるお菓子です。
シトロンとどちらも購入して、その違いを楽しむのもいいですね。

こちらのギモーヴフランボワーズも、カルディでは、
ホワイトデー商戦の時に見かける商品となっています。

今年は、オンラインでも取り扱いがありましたし、店頭でも去年より、
多めに入荷している印象です。

ホワイトデーのプレゼントにも、自分用に楽しむのにも、ピッタリですので、
気になった方はお早めにチェックしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク
お菓子
\ この記事をシェアする /

こちらの記事も読んでね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
くまリオのススメ!