スポンサーリンク

KALDI【クーベルチュールチョコレートコーヒーケーキ】

クーベルチュールチョコレートコーヒーケーキ オリジナル商品
この記事は約3分で読めます。

こんばんは!くまリオです。

今日ご紹介するのは、カルディでコーヒー味のフェアをやっていた時に購入した一品です。
前にこれと同タイプの、ホワイトチョコレートケーキを食べたことがあったので(美味しかった!)買ってみました。

スポンサーリンク

クーベルチュールチョコレートコーヒーケーキ

クーベルチュールホワイトチョコレートと北海道の牛乳を使用した生地に、オリジナルインスタントコーヒー「ザ・マイルド」を加え、しっとり焼き上げました。まろやかで濃厚なホワイトチョコレートとコーヒーのほろ苦さが絶妙です。 引用:公式サイトより

製造は、ホワイトチョコレートケーキと同じく、広島県のマルト製菓株式会社さんです。

価格・カロリー

価格:378円(税込)

カロリー:栄養成分表示1カット(標準約26gあたり)112kcal

内容量:1本(6カット)

感想

コーヒーの良い香りがまずします。コーヒー好きにはたまりません。

まず先に思ったことは、同じカルディオリジナル商品で、ホワイトチョコレートを使用し、
製造元がポロショコラと一緒のラグノオさんが作るケーキ(マロンケーキや抹茶ケーキなど)は、
マロンや抹茶よりホワイトチョコレートの味や匂いが勝っていると思うのですが、
マルト製菓さんが製造元のケーキは、ホワイトチョコレートを使用していても、
ちゃんとコーヒーの主張がしてあるなと思いました。

…ちょっと伝わりにくいですかね?
ラグノオさんのケーキで「ホワイトチョコレート使用」と書かれているケーキは、
ホワイトチョコレートが、「私は、ここだよ!ここ!」と
手をぶんぶん振って主張している感じがするのですが、
マルト製菓さんのケーキのホワイトチョコレートは、「あの…わたし、ここに…います!」と
はい、ひょっこりはん!みたいに、さりげなく主張している感じがします。

…あれ?余計に伝わらない?(笑)

ホワイトチョコレートの使用量の違いだと思うのですが、
たぶん、好みが分かれるなぁ…と思います。

個人的にですが、わたしはマルト製菓さんの方の、さりげないチョコの主張の方が好きです。
ホワイトチョコレートが好きな方は、もしかしたら、この姉妹品である
「クーベルチュールホワイトチョコレートケーキ」よりも、ラグノオさんが製造される
ホワイトチョコレート使用〇〇ケーキの方が、より好みだと思われるんじゃないかな?

 

すみません、感想に戻ります。
このケーキは、チョコの風味も感じられるのですが、コーヒーとすごくマッチしていて、
絶妙なバランスだなと思います。甘さも程良くて好きです。

このケーキもしっとりずっしりタイプのケーキです。
1切だけでも、十分、小腹を満たしてくれます。

ホワイトチョコレートケーキの方を、だいぶ前に食べたので、
ちょっと味覚を忘れかかっているのですが、コーヒーケーキの方が好きかもしれない。

コーヒーが苦手な方が食べるとどんな感想になるのか分かりませんが、
少なくともコーヒー好きとしては、食べた瞬間、あっ、美味しいな、と思いました。

あ!1つだけ難点が。
一応6切で、切れ目が入っているのですが、しっとりゆえに?1切を取るのに、少し苦労しました。
若干、下の方がお隣さんにくっついたり、すぱっと割れませんでした。

…でもそれだけ、しっとりしているよ!という長所なのかも?(笑)

個人的には、また見かけたら、買ってしまうな、という商品です。
現在は、販売されていません。(今年、初めて見た気がします。)
姉妹品の、「ホワイトチョコレートケーキ」が現在、販売されています。

ホワイトチョコレートケーキも、十分、美味しいですので、是非チェックしてみて下さい!

 

スポンサーリンク