KALDI【杏仁豆腐 氷酒(みぞれざけ)】

カルディの杏仁豆腐 氷酒オリジナル商品
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんばんは、くまリオです。

個人的に少し楽しみにしていた、杏仁豆腐 氷酒をいただきました!
今年も、杏仁豆腐のお酒と共に、同時発売されましたが、
地元のカルディの感じからすると、割とすぐに店頭からなくなった印象でしたので、
人気があるというか、注目を集めやすい商品だったかと思われます。

…でも現品限りのポップがあったので、おそらく次の入荷は、また来年ということなんでしょう。

杏仁豆腐のお酒とぱっと見の感じは大差がなさそうですが、
こちらは何といっても、凍らせて食べるお酒となっていますので、
お酒でもあり、デザートのようでもあり、どういう感じになるのか楽しみです!

スポンサーリンク

カルディ【杏仁豆腐 氷酒(みぞれざけ)】

カルディの杏仁豆腐 氷酒の中身

ぷるぷるとろりんなめらかな口当たりの杏仁豆腐が、ひんやり冷たいシャーベットのお酒になりました。(これはお酒です) 引用:カルディ公式サイト

こちらも、瓶に巻き付けてあるタグで、カルディオリジナルの杏仁豆腐と分かる仕様になっています。

価格・カロリー

価格:345円(税込)

カロリー:栄養成分表示 1本(90ml)あたり 166kcal

アルコール分:5%

詳しくは↓

カルディの杏仁豆腐 氷酒の栄養成分表示

感想

感想の前に、注意点というか…
こちらも杏仁豆腐のお酒と同じく、小さく、よく振ってお召し上がりください、とありますので、
冷凍庫で凍らせる前に、よく振ってから凍らせるといいと思います。
…まぁ、写真を見るとお分かりのように、若干、瓶の上部が汚くなってしまいました。
沈殿物をなくすように、シェイクしすぎた(笑)
でも振る前に、瓶を見たら、割と中で、沈殿している様子が見受けられたので、
瓶の上部に付くのはなんのそので、しっかり振るといいと思います。

あと、わたしは5時間ほど凍らせたのですが、完璧には凍りきってなかったので、
しっかりとしたシャーベット状で食べたい方は、一晩凍らすつもりで、冷凍庫に入れていただくとよいかもしれません。

感想前にもう一つ、杏仁豆腐のお酒と同じく、今回のふたも、
指をひっかけて、上方向に力を入れて開けるタイプ(日本酒のワンカップみたいなタイプ)だったのですが、凍らせているからか、はたまた杏仁豆腐のお酒より、瓶の間口が広いからなのか、
けっこうな力を要して、ふたを開けることになりました。
…めっちゃ開けづらかったです。
家族さんの分も同時に2個開けたので、自分の開け方の容量が悪いのかもしれませんが、
どちらも開封に手こずりました。
指が痛くなったので、凍らせた瓶本体で冷やしたで…(笑)

では、気を取り直して感想を。
文言には、シャーベットのお酒とあったので、そちらの口当たりを想像していたのですが、
どちらかというとアイスっぽい…うーん、あ!ロッテの爽みたいな口当たりでした。

といっても、久しく爽を食べてないので、合っているのか不安ですが、
アイスだけど、氷のシャリっと感も感じるというか、そんな感じです(笑)

ただ、5時間冷凍+開封に手こずったこともあり、少し溶けかかったので、
本当はシャーベットっぽくなるのが正解なのかもしれないのですが、
あくまで、わたしの感想はアイス(爽)っぽいという感想です。

味は、杏仁豆腐のお酒を先に飲んでいることもあり、
想定内というか、それと同じ味がしました。
でも、冷たい分、甘いんですけど、スッキリした甘さに感じました。
見た目はバニラアイスっぽいのに、後味は、めっちゃお酒の余韻が残ります。

杏仁豆腐のお酒と同じくアルコール5%ですが、食べ終わると、多少だるく感じました。
多分、脳内でアイスを食べたような感覚なのに、ちゃんとお酒なもんだから、
まじかよ、おい…と体が反応したんだと思います。

お酒が強い人がこれを食べると、たぶんデザート感覚にしかならないと思うのですが、
年々、弱くなってる&普段、飲酒しないもんだから、5%でも個人的にはお酒感の方が強かったです。

甘いお酒が好きな人、特に女性には絶対、受けがいいお酒だなと思います。

まとめ

杏仁豆腐のお酒と同じく、こちらもしっかりカルディオリジナルの杏仁豆腐を思わせてくれるお酒となっています。

そういえば氷酒(みぞれざけ)タイプ自体、初めて食べた…飲んだ?(笑)ので、
なかなか貴重な経験でした。

個人的には、甘さが冷やすことによってスッキリした感があるので、
杏仁豆腐のお酒より、こちらが好みでしたが、開けにくい難点がな(笑)

でも、厳密に言えば、杏仁豆腐のお酒と味は一緒だと思う(笑)
なので、お値段が一緒、あちらは内容量160mlなので、
量重視の方は、杏仁豆腐のお酒の方がおススメです!

おそらく、どちらの商品も店頭で見かけるチャンスは少ないと思います。
去年は1回しか見ていないことを考えると、今年もおそらく今、販売されている限りかと思います。

数量限定品ですので、気になった方は、特に早めにチェックしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク