KALDI【メープルくるみスコーン】

メープルくるみスコーンオリジナル商品
スポンサーリンク

こんばんは!くまリオです。

少し前に買っていて、ようやく食べる機会となりました。
製造者と、メープルとくるみという組み合わせ、
そして持った時のしっかりとした重みで、速攻かごの中に入れた商品のレビューです!

スポンサーリンク

メープルくるみスコーン

KALDIのオリジナル商品。販売者はキャメル珈琲でKALDIオリジナル商品ですが、
製造者は株式会社コダマで、同じくオリジナルの「バターミルクビスケット」の製造元と
一緒のところとなっています。
わたしは、バターミルクビスケットも大好きなので、製造者を見て、
よし買う買う!となった一品です。
バターミルクビスケットも、去年末か今年初めからぐらいだったと思うのですが、
スコーンが展開されたのも今年から…と思うのですが、記憶違いだったらすみません。

生地の中のメープルは、KALDIで取り扱いのある
デカセール「メープルシロップ グレードAアンバー」が使用されています。

価格・カロリー

価格 248円(税込)
カロリー 1個(標準88g)あたり 345kcal

感想

持っただけで、見た目の大きさ以上にずっしりしました。
スコーンがいかなるものかと、分かっている方には伝わると思うのですが、
このスコーンは、スコーンの中でもみっちりしている方だと思います。
かといって、粉々しいかと言われると、そこはメープルがいい仕事をしているなと思いました。

まず、開封した瞬間、メープルの良い香りが漂います。
そして食べた瞬間にも、メープルの香りと風味が口いっぱいに広がりました。
それも、そのはず。メープルシロップとメープルソースのダブル使いでした。
だから、最初から最後まで、はしからはしまで、メープルの上品な甘さが続いたんですね~。

そして、もう1つの主役のくるみですが、こういう商品って、
見えるところにちょっとだけってタイプもあるのですが、
さすが、原材料名に、小麦粉、くるみ…と2番目に名前を連ねているだけある(笑)
どこを食べても、いつでも口の中にくるみがあると言っても過言でないほど、
想像以上にくるみがたくさん入っていました。
しかも、小さいのではなく、ごろっとカリッとした食感が分かるほどの存在感です。

メープルとくるみの組み合わせは抜群だと思うのですが、
この商品においても、いかんなくその相性の良さを発揮してくれました!
美味しいな~美味しいな~と最後まで飽きずに食べれましたよ。

わたしは、朝食代わりにいただいたのですが、すごく満腹感を感じました。
というか、このグラムに対して意外にカロリーなかったな…というところが正直な感想です。

最初に述べた通り、みっちり、ぎゅっとした生地なので、飲み物は必須かと思います。
あと、温めて美味しさUP!とKALDIさんも薦めていますが、
もちろん、そのままでも美味しくいただけるのですが(最初はそのまま食べてみました)
温めた方が、メープルの香りがより際立ち、温め方にもよりますが、
外をカリっとさせたり、中の生地のしっとり度が上がって、美味しいと思います!

 

今は、ちょうどパンプキンスコーンが販売されていますが、
この展開の仕方を見ると、味を変えての定番化になる商品かもしれませんね。
…実はパンプキンスコーン購入済です(笑)

だけど、もし次、メープルくるみを見かけたら、わたしは買ってしまいますね。…来年かしら?

1個で満足感の味わえる商品となっています。
是非、皆さんもチェックしてみて下さいね!