SCHO-KA-KOLA(ショカコーラ)【ショカコーラ ビター】

ショカコーラビターお菓子
スポンサーリンク

こんばんは。くまリオです。

ショカコーラと言えば、数年前に、カルディには、
カフェインが多く含まれたチョコレートが売ってある…という
情報を得て、その年に見かけたんですが、…思ってたより値段が高く(笑)
その時はスルーして、さあ、買おうと思った時には、あれ?冬季限定…?と
実際に手にしたのは、1年後だった…という思い出があります。

はい、前置きがうざくてすみません。

改めまして、今日ご紹介する商品は、スポーツやドライブ、仕事や勉強のお供に最適なブツと
言われている魅惑のチョコレートの、ショカコーラです。

スポンサーリンク

SCHO-KA-KOLA(ショカコーラ)【ショカコーラ ビター】

 

ショカコーラとは?元々はスポーツでの栄養補給用の食品として1935年にドイツで製造が開始され、1936年の夏季オリンピックにも導入された。その後、第二次世界大戦ではドイツ軍の戦闘糧食(レーション)として採用されている。そのため、現代では「ショカコーラ=ドイツ軍の糧食」というイメージが強い。

チョコレートは高温に弱いものの、軽量かつ栄養価が高く美味なため糧食に向いており、多くの国で糧食として採用されている。特にショカコーラはカフェインの含有量が多いため、眠気が覚め集中力が高まるという効能がある。

ショカコーラは通常のチョコレートと比較すると多めのコーヒーと磨り潰したコーラの実が加えられているのが特徴で、チョコレートSchokolade)、コーヒーKaffee)、コーラの実Kolanuss)の3つが、ショカコーラ(Scho-Ka-Kola)という名前の由来になっている。

引用:ニコニコ大百科

ドイツ製造で3つのドイツ語から取られてるんですね。
初めて購入した時は、コーラ?あれスペル違いだけど、
コーラは関係ないのか…いや、関係あるやん!ってなりました。
ショカコーラビターの中身
ショカコーラビターは、コーヒーやコーラナッツのカフェイン入りのビターなチョコレート(カフェイン0.2%含有)。レトロなデザインが目をひく缶入りです。 引用:Amazon

価格・カロリー

価格:550円(税込)(参考価格:カルディ)

カロリー:545kcal

内容量:100g(円形で8枚、2段で16枚入り)

感想

コーヒーの風味もあるのですが、どちらかというと、
苦みのあるビターチョコレートという表現がぴったりかなと思います。

個人的に、カカオ70%以上のビターチョコが好きなので、
こういう苦くてビターなチョコは好きです。
でも、このショカコーラは、カカオマスが何%とかの表記はないので
(裏のドイツ語を見ても、よく分からなかった、笑)
このビター感は、コーヒーからによるものも大きいのかな?

それで、ただのビターチョコレートとも、ひとクセというか、一味違うので、
それがコーラナッツパウダーによるものなのか…というか、
コーラの実というものを食べたことがないので、ただの想像です、すみません。

個人的には、先入観を何も入れずに食べると、
ビターなチョコレートで美味しい!という感想になります。

 

あ、あと今年見かけたやつは、缶のパッケが変更されていました。
(中のチョコ、1個が表にデザインされてます。)
個人的には、こっちのが好きなので、昔、撮った写真にしてます(笑)
缶好きとしては、えーなんで変更したの?という感じですが。

ついついチョコレートだと思って、たくさん食べたくなりますが、
カフェイン含有や、栄養価も高いチョコレートですので、
一気に大量に食べることはおススメできません。
特に、カフェイン耐性があまりない方は、1枚から様子を見ましょうね。

個人的には、気分の問題かもしれませんが(笑)
1枚で、シャキッとできるチョコなので、おやつというよりかは、
眠気覚ましに1個、という感覚で、重宝しています。

だけど、お値段もそれなりやなんて…罪なお方や…。

缶買いするのも、レッドブル超えのブツと思って買うのも、ご自由に(笑)

スポンサーリンク
お菓子
\ この記事をシェアする /

こちらの記事も読んでね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
くまリオのススメ!